スクリーンショット 2020-07-07 10.07.45.png
スクリーンショット 2020-08-09 20.00.22.png
梅仕事切り抜き.jpg

南高梅のシロップを作りたいと思います!

年々、人気が高まっている「梅仕事」。

季節の梅を自分で梅シロップや梅酒にする人が増えていますね。

仕込んでできるまで待つのも楽しいのですが、

待てないあなたにオススメのクイックリーな必殺レシピです。

「flavored Water」福田里香著 この本に掲載されている

「1日で作る青梅のフレーバーウォーター」のアレンジ版

 

材料:南高梅(もしくは他の青梅) 1kg

きび砂糖 1kg(上白糖やグラニュー糖でも可)

お好みでホワイトリカー 大さじ3〜5

お好みでリンゴ酢 大さじ1〜3

 

作り方:

梅の果肉をナイフなどでザクザク荒く剥ぐ。

ヘタの黒い部分は除いておく。

果肉と種と砂糖と他の材料を密閉ビンに入れる。

直射日光の当たらない場所に半日〜1日置く。

すぐに水分が出始めるので、気になったらビンを振り砂糖と果肉をなじませる。

梅の果肉から水分が抜けシワシワになったら、ホウロウ鍋にざるをのせ

ビンの中身を入れ、鍋に水分のみ入れる。(ざるの果肉や種は捨てる)

鍋に火を入れ、アクが出てきたら取る。

アクが取れたら火から鍋をおろし、じょうごなどで除菌したビンなどに入れ

フタをキチンとし、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存。

これで、コーディアルの完成。

​手作りしない方は、中里見農園 特製「梅シロップ」がオススメです。

このシロップはお水で割れば「梅ウォーター」に。

炭酸水で割れば「梅サイダー」になります。梅に負けない強炭酸が相性が良いですよ。